News
May 8, 2018

:Tele Vibration 3: 超和風  地球VIBRATION原画コレクションの常設展示のおしらせ

第1回目 ”Live on the Earth -Tosashimizu-“
今春制作した作品の中からトリオで選びました。

会場となるcafé CREOLEの定休日(火曜)以外、展示は常設で、期限はありません。

café CREOLEでは、上質な音楽、コーヒー、カレー、グラスワインなどとともにゆったりとした時間の流れをお楽しみいただけますので、ぜひお立ち寄りください。

 

なお、作品は、年に数回入れ替えをいたします。

 


“Live on the Earth -Tosashimizu-“
ごあいさつ

2000年に大阪から高知に仕事場を移し制作しています。作品は海外の フリーマーケットから始まって、見た人任せの運任せで国内外の美術館・博物館・ギャラリー・アートフェアと色々経験してきました。2016年には世界的アート財団のポロック・クラズナー財団(N.Y.)から賞をいただき1年間の創作、生活費を全面サポートしていただきました。去年で20年になる画歴の中のほとんどが土佐清水での制作でした。

僕にとって土佐清水はなんだったのか?

Live on the Earth -Tosashimizu

それは地球に住むということだった とおもいます。

小高 良作


場所   café CREOLE カフェ クレオール

     高知県高知市はりまや町3-17-22 1F(MAP)

TEL             088-884-5336  (HP:なし/SNS:なし)

営業時間 12:00-21:00  (定休日火曜)

 

Posted in Exhibition, NewsComments Closed 

 

Mar 21, 2018

ワークショップ@萩美術館

山口県立萩美術館・浦上記念館で、小高良作がワークショップの講師をつとめます。

「サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝 ~江戸の名品勢ぞろい~」と題した展覧会の一環でおこなわれるこのワークショップ。

小高の作品づくりの核となる「紙」にスポットを当てて、レクチャーとデモンストレーション、装飾紙の作品制作体験と盛りだくさんの内容になっています。

 
 
ワークショップ:広がる「紙」の世界。

身近にありながら、意外と知らない「紙」が主役のワークショップ。
日本と西洋の紙の違いから生まれる表現の違いについて、墨流しとマーブリングを例にレクチャーで紹介します。最後は、それぞれの技法のデモンストレーション&墨流しとマーブリングを使って装飾紙作りを体験!!

   
日時 5月12日(土) 14:00~16:00
場所 山口県立萩美術館・浦上記念館 陶芸館多目的室
参加費 2,000円(観覧券付き)
定員 10名
応募方法 事前申込が必要です。電話(0838-24-2400)にて以下をお伝えください。
ご希望のワークショップ名
参加希望者の氏名・年齢
代表者様の住所および日中に連絡がとれる電話番号

 

★こちらもチェック!(イベント情報は、ページを下にスクロールしてご覧ください)
>萩美術館HP
>日経イベンツガイド

Posted in NewsComments Closed 

 

May 17, 2017

Tele Vibration 2: LiVe! on the Beach

Tele Vibration 2: Live on the beach

「Tele Vibration 2: LiVe! on the Beach」(高知)
2017年5月24日 早朝〜干潮〜満潮
全長約400メートル

・ごあいさつ・

月の引力で海の水が引っ張られ
おおきな砂面が現れた。
拾った流木で 思うがままに適当に
自分の中から湧き出るモノを
水が流れるように即興で
筆を止める事なく 干潮までの数時間に納める
そしてまた潮が入ってきて
満潮に向かって絵は姿を消し
地球に奉納されていく。
こんな遊びを 10年近くやっています。
この景色の一部になるような
この地球の一部になるような
この宇宙と関わり遊ぶことは
地球に住み 宇宙に暮らす 醍醐味のひとつかもしれません。

relax&enjoy life

「地球人だもの」

ーーーー

“Tele Vibration 2: LiVe! on the Beach” in Kochi
May 24, 2017 From early morning through low tide to high tide
Overall length: about 400m

・Greetings・
The gravity of the moon pulled sea water
to show a huge sandy surface.
With a piece of drift wood I picked up, freely and randomly
As water flows, I improvise what springs from myself
In dedication, within a few hours before low tide
Without posing.
When the tide comes in again
The drawing gradually disappears towards full tide
Being devoted to the Earth.
I have enjoyed doing this for almost 10 years.
It’s like becoming a part of this scenery
It’s like becoming a part of the Earth
I think playing and being involved with this universe is
One of the best parts of living a life on the Earth and in the universe.

relax&enjoy life

“As I am a person of the Earth”

Posted in ExhibitionComments Closed 

 

Oct 23, 2016

Tele Vibration LiVe!

t-v-live

Tele Vibration LiVe! on the Street.
10月20日にスタートしたエキシビジョンで、現在進行中です。

*Tele Vibration LiVe!は、10月26日をもって終了いたしました。
なお、モノは、このまま残ります。


場所:マービスタガレージ/Hot Bike Japan編集部(ビッグツリープロダクション)
神奈川県横浜市青葉区美しが丘4丁目27-3 めぐみビル


 

・ごあいさつ・

道で絵を描いています。
創作をLiVeで道行く人に見ていただいて、町の一部になっています。

80年代から建物に絵を描いてきたけど、それって結局その建物の波動(バイブレーション)を変えること。
色のグラデーションや線の波動は、人の視覚から、体から、またその地域にまでも響きわたるVibrationとして存在する。
地域の一部になり人の無意識の一部になり、地球の一部でもあり、宇宙の破片である。
ワクワクするこの仕事がまたおれのところに巡ってきたこのご縁に 感謝の気持ちでやらかしましょう!

relax&enjoy life

「地球人だもの」
ーーー

Tele Vibration LiVe! on the Street is now going on.
This is an exhibition started on 20 October and is still in progress.

*Tele Vibration LiVe! finished as of 26 October. The work remains at the sight. 

Venue: Mar-vista garage/Hot Bike Japan editorial office (Big Tree Production)
Megumi bldg., 4-27-3 Utsukushiga-oka, Aoba-ku, Yokohama

 
relax & enjoy life
・Greetings・

I am painting a picture on the street.
As people on the street have seen my creation, the work has became a part of this town.

I began painting on buildings in the 80’s, and have realized that my action is to change the vibration of the building.
The vibration of the gradation and the lines exists to echo into people’s eyes, bodies and also the community.
My works become a part of the community and people’s unconsciousness, and at the same time they are pieces of the universe.
I am so greatful to have an opportunity to do such an exciting work again and am ready to freeride through it!

“Because I am a person of the Earth.”

 

Posted in NewsComments Closed 

 

1 2